090-3415-0319

ブログ

2017/04/27(木)

肝臓と腰痛の関係性

カテゴリー:腰痛 内臓

 

那覇市で唯一の「慢性腰痛」専門の整体院 ちばり-CHIBARI-
院長の銘苅寛治です。

本日もブログをご覧いただきありがとうございます。

本日も腰痛と内臓の関係性についてお話していきたいと思います。

今日は、「肝臓」についてお話します。

肝臓が疲労や機能的低下を起こすと腰痛を引き起こします。

肝臓が疲労を起こす要因として、アルコール、高脂質な食べ物

ストレスなどがあります。

こういった要因で肝臓のが疲労すると

肝臓の働きが低下します。
             ↓
働きが悪くなると血流が悪くなり血液が滞ります。
             ↓
血流が滞ると肝臓自体が重くなります。
             ↓
肝臓が重くなると筋膜、筋肉が硬くなります。
             ↓
その筋膜、筋肉が硬くなると腰痛を引き起こします。

簡単に説明するとこのような流れで腰痛が発生します。

肝臓と腰痛の関係性

肝臓と腰痛の関係性

 

 

 

8月20日(火)まで
先着6名様限定割引 → 残り2名様

診察予約は今すぐお電話で

090-3415-0319

【受付時間】9時〜21時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※診察時間は9時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。