090-3415-0319

ブログ

2017/05/03(水)

脊柱管狭窄症の真実

カテゴリー:脊柱管狭窄症

 

那覇市で唯一の「慢性腰痛」専門の整体院ちばり-CHIBARI-
院長の銘苅寛治です。

本日もブログをご覧いただきありがとうございます。

今日は「脊柱管狭窄症」についてお話していきたいと思います。

病院でレントゲンやMRIを撮り、脊柱管が圧迫されていて、

歩くときに間欠性跛行(長く歩くと足にシビレ、痛みが出て、少し休憩すると

楽になるが、また歩くと痛みが出現)の症状がでると間違いなく脊柱管狭窄症

の診断がでます。

しかし実際は、脊柱管狭窄症での症状ではない場合が多いです。

それは筋肉の硬さによってこの症状がでる場合があります。

筋肉が硬くなると血流障害が起こります。そうなるとシビレ・痛みの症状がでます。

ですので、間欠性跛行がでていて、病院で「脊柱管狭窄症」と診断されても

必ずしも脊柱管狭窄症とは限りません。

筋・筋膜の治療で改善されるケースがとても多いです。

脊柱管狭窄症の真実

脊柱管狭窄症の真実

 

 

 

5月16日(日)まで
先着6名様限定割引 → 残り2名様

診察予約は今すぐお電話で

090-3415-0319

【受付時間】10時〜21時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※診察時間は10時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。